鎌倉市│大船駅から2分「中野プロポーション整体院」

なぜ、運動後にプロテイン(たんぱく質)等を摂取するのか?

運動後の体内では

トレーニング(運動)後は、筋肉細胞が一時的に傷ついている状態です。

その時筋肉は、『たんぱく同化作用』といって、体内のアミノ酸がたんぱく質に変わって

筋肉を再形成(増幅)します。

良質なたんぱく質、を摂取すると、より筋肉が形成しやすくなるのです。

 

チューブトレーニング

 

 

 

 

 

 

たんぱく同化作用のタイミング

たんぱく同化作用は、運動後45分以内がピークで、

その後120分で普段の働きに戻ってしまいます。

つまり、トレーニング後45分以内が、最も筋肉を形成しやすい時間なので、

筋力アップには、45分以内にたんぱく質を摂取する事がベストなのです。

筋肉調整

 

 

 

 

 

 

意外なプロテインの活用法

プロテインは、トレーニングをする人だけに必要なものと思われがちですが、

カロリーは低いものが多いので、ダイエットにも使えます。

 

空腹状態で食事を抜いてしまうと、体が栄養不足となり、基礎代謝が落ちてしまいます。

基礎代謝が落ちると、太りやすくなり悪循環になってしまうので、

ビタミンやミネラルの配合された、プロテインを空腹時に、適量摂取する方法です。

 

ダイエットも、トレーニングも、適切なタイミングと運動を併用する事が不可欠なのですね。

大船の整体は「中野プロポーション整体院」 PAGETOP