鎌倉市│大船駅から2分「中野プロポーション整体院」

股関節に違和感や痛みを感じることはありませんか?

 

股関節には、大腿骨を支えてくれている「臼蓋」と言われている受け皿(お椀)のような箇所があります。
大腿骨の頭は球状になっており、臼蓋の中に納まるように出来ています。

 

「臼蓋形成不全」というのは、

大腿骨を支えてくれている臼蓋の形が不完全なために

凹凸がうまくかみ合わず脱臼をしやすくなります。

またクッションの役割をしている関節軟骨に負担がかかってしまい、股関節に炎症が起きてしまいます。

 

歪み改善

 

症状

・股関節の動きが悪くなる

・歩き始めなどの初動で痛みがでやすい

 

原因・特徴

・先天性股関節脱臼などで、生まれつきなっている方がほとんどです。

・女性がなりやすい

ただ、幼少期の時には股関節の痛みや違和感はほとんどなく、大人になり年齢を重ねるにつれて
痛みや違和感などの症状が出てきます。

 

 

エスカレートすると…

「変形性股関節症」になるリスクがあります。

そうなると痛みが慢性化し、骨自体が変形を起こしてしまうのです。

ひどい場合は外科的手術で骨に人工関節をボルト、プレートで埋め込まざるおえなくなります。

大変大掛かりな手術が必要になります。

トレーニング

 

臼蓋形成不全の注意点

関節がぐらついて炎症が起きやすいため、激しい運動や股関節に過剰な負担をかけてしまう動作を控えるようにして下さい。

 

改善法

残念ながら整体では改善しません。
ですが負担を減らして症状を緩和させることはできます。

 

股関節は体の土台の骨盤に付いているため、全体重の7〜8割がのしかかります。
姿勢不良・骨盤の歪みがあると股関節が不安定になり、その負担を増幅させてしまうのです。

人間は姿勢が崩れて骨盤が歪むと、自然と片側の股関節に重心がのしかかるようになってしまいます。
人体の力学上では重心をかけた側の股関節に体重の3〜5倍の重みがのしかかると言われています。
すると股関節への負担が増加してしまい、股関節の変形の進行を早まらせてしまうのです。

 

 

大切なのは

1.正しい姿勢をとることによって負担を減らし、悪化を防ぐこと

2.股関節周りの筋力をつけていき股関節にかかる負担を抑えていくこと

 

当院では姿勢はもちろん、その方のお悩みに合った運動法もお伝えすることができますので
ご相談ください。

 

大船の整体は「中野プロポーション整体院」 PAGETOP