鎌倉市│大船駅から2分「中野プロポーション整体院」

肩こり、首こりがある方は要注意!

 

この症状は知らない方が多いですね!

知っておいた方がいい症状なのでお伝えしていきます!

 

症状

・腕(上腕、前腕)にしびれが出る

・首・肩周りに痛みが出る(重度になると痛すぎて首を動かせない)

・腕をあげるだけで首に激痛が走る

 

エスカレートすると、つり革をつかんでいるのも辛くなってしまったりで、日常生活にも支障をきたしてしまいます。
これは首から腕に流れている腕神経叢という部分が圧迫されることで出てきます。

 

ではどこで神経が圧迫をされると症状が出てしまうのか?

 

1、斜角筋と言われる筋肉(首の前側の筋肉)

2、小胸筋と言われる筋肉(胸の筋肉)

3、鎖骨と第一肋骨の間の肋鎖間隙

肩こり

圧迫されている箇所によって、

斜角筋症候群、小胸筋症候群、肋鎖症候群と分けられています。

3つの総称として、“胸郭出口症候群”と言われています。

骨盤矯正事例

どういった方が胸郭出口症候群になりやすいのか?

 

内巻き肩の方や姿勢が悪い方です。

姿勢が悪くなってしまうと頭が前に出てしまいますよね。

頭の重さ(女性の平均5キロぐらい)を常に首の筋肉で支えることになるので
首の筋肉が硬くなって神経を圧迫しやすい状態になります。

肩が内側に巻いてしまうと小胸筋という筋肉が硬くなってしまい、
神経を圧迫をしやすい状態になってしまいます。

健康なお身体

姿勢を改善することによって神経の圧迫をなくしていくことができます。

一緒に姿勢の改善をしていきましょう。

 

大船の整体は「中野プロポーション整体院」 PAGETOP