鎌倉市│大船駅から2分「中野プロポーション整体院」

そもそもなぜ凝りが生じるのか?!

凝りのことについて理解が深まれば、より予防や改善につながりやすいので
今回は凝りのメカニズムについてお伝えしていきます!!

凝りとは

肩凝りなどの凝りとは、何らかの原因によって筋肉が正しく機能できない状態、または硬くなっている
状態のことです。
筋肉の動きには、収縮と弛緩(伸び縮み)があります。
脳からの命令である動作に必要な筋肉を収縮させ、完了したら弛緩するというのが一連の流れです。

なので同じ動作や同じ姿勢を続けていたりすると弛緩せずに収縮の状態が続き
血行が悪くなり、凝りが出来始めます。

ストレートネックの原因

 

 

 

 

凝りの原因

これは、姿勢と生活習慣にあります。

何らかの原因(不良姿勢や長時間のデスクワークなどの生活習慣)によって
筋肉が収縮した状態が続き、血行が悪くなり筋疲労も蓄積してしまい、凝りが生まれます。

そしてこれらには、ある悪循環があります。

1.猫背などにより、筋肉に持続的に負担をかけていると筋肉が収縮状態が続き硬くなります。

2.筋肉が硬くなってくると筋ポンプ作用が弱くなったり血管が圧迫され血行が悪くなります。

3.血行不良などで硬くなった筋肉は、末梢神経を圧迫し末梢神経がダメージを受け発痛物質が発生する

4.痛みの感知をした脳が、反射的に痛みの出た筋肉をさらに収縮させる

そして1へまた循環していきます。。。

この悪循環を繰り返し、慢性的に凝りがあったり、凝りから痛み痺れが出てきたりと
症状が悪化してきます。

一時的に運動したりマッサージをする事で対処的に血行を良くし軽減されることはありますが
根本的な改善にはなりません。

改善予防していくにはどうすれば?!

上記で凝りのメカニズム、悪循環を理解していただけたと思います。
そうなると、単純に血行を良くすればいいの?運動をすればいいの?
などいろいろ疑問があるかと思います。

根本改善のためには、まずは姿勢を正しましょう!
(猫背の種類やどんな影響があるかについてはこちらを「猫背について」)

そして偏った筋肉の使い方や使いすぎ、足を組むなど普段の生活習慣の中で
凝りを生んでしまう習慣があるはずです!
そこを変えていきます。

ですが、なかなかご自身で見つけるのは難しいと思います。。。

そこで当院では根本の改善のために(事故防止の為に)カウンセリングを初回に行なっております。

DSC_8030姿勢チェック

 

 

 

 

 

 

人それぞれ生活習慣も違えば、不良姿勢の癖も様々です。
なのでカウンセリングを行い、そこを追求し明確にしていきます!!

歪みがある場合は矯正でしか改善できません。
手遅れになる前にご相談ください!!

大船の整体は「中野プロポーション整体院」 PAGETOP