鎌倉市│大船駅から2分「中野プロポーション整体院」

急に腕が上がらなくなってしまった

 

そんな経験をした方はたくさんいると思います。

20代の方でも、腕が上がらなくなった経験がある方も多いと思います。

 

なぜ、急に腕が上がらなくなってしまうのか?

 

筋肉が硬くなることによって動きの制限がかかってしまうからです。

 

 

 

肩の痛み

 

どこの筋肉に負担がかかってしまって四十肩、五十肩になっているかというと

 

ローテーターカフと言われる筋肉群(腕を横から上げる時に使われる)に
負担がかかってしまっていることが多いです。

 

その筋肉に負担がかかると肩甲上腕リズムといわれる動きが乱れて
肩甲骨が動かなくなってしまうのです。

 

FullSizeRender 14

 

それらの機能不全を起こさないためにも何をしたらよいのか?

 

姿勢を正していくことが大切です。

 

姿勢が悪くなってしまうと、背中が丸くなり

身体の構造上、肩が内側に巻いてしまいます。

肩が内巻きになってしまうと、肩甲骨の位置がずれ、肩周りについている筋肉(ローテータカフ)が

上手く作用できずに硬くなって腕が上がらなくなってきます。

 

これらを理解していないと
再発を繰り返し、改善するのに時間がかかるようになってしまうのです。

 

また、痛いのを我慢して無理やり動かしていると
筋肉、関節が炎症を繰り返して関節が骨になってしまい、全く動かなくなるリスクもありますので要注意です。

 

 

姿勢の改善をして四十肩、五十肩をなくしていきましょう。

 

ご存知ですか?改善TOP

 

また四十肩、五十肩と似ている症状の肩腱板損傷もあります。

ただ、腱板損傷は筋肉が損傷して炎症が起きている状態なので、安静が必要です。

腕を自分自身で上げる時に痛みが出て、腕を支えながら上げた時に痛みが出ないのは

四十肩、五十肩ではなく鍵盤損傷の可能性があります。

 

 

 

 

大船の整体は「中野プロポーション整体院」 PAGETOP