鎌倉市│大船駅から2分「中野プロポーション整体院」

骨の強度が低下!!骨折しやすくなる?!

つまずいて手や肘をついただけで骨折、くしゃみなどをしたわずかな衝撃で骨折してしまう。

もしこのような状態ならあなたは骨粗鬆症の可能性があります。

手首

 

 

 

 

 

 

 

 

骨粗鬆症とは………

骨の強度(骨密度)の低下により、骨折しやすくなる骨の病気です。
ガンや脳卒中、心筋梗塞など生命を脅かす病気ではないですが、骨粗鬆症による骨折から介護が必要になる人も少なくありません。

症状

□以前より身長が低くなった。
□背中や腰が曲がってきた。
□背中や腰に痛みを感じる。
□以前から着ている服の身丈が合わなくなった。

上記の症状が当てはまった場合、骨粗鬆症の前兆またはサインかもしれません。

原因

□加齢とともに骨密度は低下していく。(50歳前後から低下)
□閉経後の女性ホルモン低下。
□病気や薬による副作用によるもの。
□無理なダイエットや運動不足などの生活習慣。

以上が主な原因となっています。

ダラダラ

 

 

 

 

 

 

 

 

身長が縮んでしまったり、骨密度の低下、悪い生活習慣を改善するためには、姿勢を良くする・運動することが重要です!!

骨粗鬆症の状態での猫背姿勢は、背骨を圧迫し骨折してしまい身長が縮んでいきます。

あまり運動もせず不良姿勢で生活していると代謝も悪くなりますし、骨は負荷がかかるほど強くなっていきます。
外出する機会が少なかったり、体を動かす習慣がない人は
骨が衰えやすいので注意が必要です。

DSC_8093

 

 

 

 

 

 

このブログをきっかけに自身の姿勢や生活習慣を見直してみましょう!!

大船の整体は「中野プロポーション整体院」 PAGETOP