鎌倉市│大船駅から2分「中野プロポーション整体院」

膝に痛みがある方は要注意

 

膝の関節は体重を支えるために負担が大きくかかります。

なので脚のバランスが崩れると膝の関節に余計な負担がかかり、痛みを引き起こしてしまうのです。

 

変形性膝関節症とは?

膝の骨(大腿骨、脛骨)同士が擦れ、半月板・軟骨がすり減ることによって炎症を繰り返して
骨自体が変形を起こし、痛みを発生させてしまうことを言います。

炎症により、膝に水(関節液)がたまるようになります。

変形により、膝関節の可動域も低下します。

 

 

膝の内部構造(右内側)

 

原因

・O脚

・姿勢不良

・筋力低下

・運動などでの酷使

・怪我

・リウマチ

 

遺伝性とも言われていますがまだ立証はされていません。

いま分かっている多くの原因はO脚です。

 

Arthrose

見てお分かりになると思いますが骨の左右の隙間がズレて左側の軟骨を潰してしまっていますね。こうなってしまう原因の多くはO脚によるものなのです。

 

特徴

・初期症状は痛みがない

・女性の方に多い

・高齢になると女性は男性の4倍なりやすくなる

 

 

 

スクワット

 

変形性膝関節症の症状にはレベルがあります。

 

・初期~中期(整体で改善可能)
軟骨がすり減って間隔が狭くなっていき、

動き始めに痛みや動かしにくさが出てきます。

 

・進行期(整体で保存療法は可能)
やがて軟骨が変形し、骨同士がぶつかるようになる。

変形して飛び散った軟骨の破片が神経細胞を刺激し、痛みが出るようになる。

日常生活に支障が出てきて、階段の上り下りが難しくなります。

正座が出来なくなったり、膝の曲げ伸ばしがスムーズに出来なくなります。

 

・末期(外科的手術が必要)

変形が目立ち、歩行も膝がピンと伸びなくなるので困難になり、

安静時でも痛みが続く。

 

進行期〜末期は手術でボルト、プレートで

O脚改善の事例

 

 

予防として

・正しい骨盤バランスを保つ

・運動をして筋力低下を防ぐ

・肥満であればダイエット

 

高齢になると

痛みで歩行が困難になる

筋力低下が進行

痛みが増し、より歩行が困難になる

これを繰り返し、負のルーティーンにはまってしまうのです。

 

 

そうなる前に姿勢骨盤のバランス改善でしっかり予防していきましょう!

 

 

 

大船の整体は「中野プロポーション整体院」 PAGETOP