鎌倉市│大船駅から2分「中野プロポーション整体院」

椎間板ヘルニアとは何か?

 

まず、ヘルニアとはラテン語で本来ある状態から「脱出、突出」した状態のことをいいます。

 

椎間板ヘルニアとは背骨一つ一つの間にある椎間板の繊維輪(膜)が破れてしまい、
中心の髄核というゼリー状の物質が外に飛び出してしまい、神経に触れてしまう状態のことをいいます。

 

椎間板ヘルニアになってしまう原因

 

・スポーツや事故などで強い衝撃が体に加わる

・過度の体重増加

・「姿勢不良」

 

日本人にヘルニアでは姿勢不良が原因の8、9割を占めていますので覚えておいてください。

 

顔の歪み

 

では神経に触れてしまうとどんな症状が出てしまうのかを以下で説明していきましょう。

 

椎間板ヘルニアによる症状

 

・圧迫される神経部位により手足に痛み、痺れが出る

・感覚が鈍る

・重度は運動神経が低下し、筋力低下を引き起こす

 

腰の痛み

 

ヘルニアが背骨外側の神経根を圧迫していると左右どちらかに症状が出ます。

これは整体で診ていくことが可能ですが

左右同時に症状が出たら背骨の内側の脊髄を圧迫されている可能性が高いです。

これに関しては外科的手術が必要になります。整体は受けないでください。

当院では見極めをする検査を行っておりますので安心して来院ください。

 

カウンセリング

 

椎間板はただでさえ加齢とともに厚みを失ってしまい、薄くなり

体重、衝撃を吸収してくれる働きが低下します。

姿勢不良はその進行をエスカレートさせてしまいます。

すると背骨が圧迫骨折を繰り返し、骨が変形して脊柱後弯症になることがあります。

脊柱後弯症は背骨に人工関節を埋め込まないといけなくなり、大手術が必要になりますの要注意です。

 

 

大船の整体は「中野プロポーション整体院」 PAGETOP