鎌倉市│大船駅から2分「中野プロポーション整体院」

疲れやすい要因とは??

今回は栄養素の鉄分に焦点を当ててみましょう!!!

 

鉄分って??

そもそも鉄分とはなんでしょう?

鉄分とは体内に約3〜4g存在し、主として赤血球を作る働きがある栄養素になります。

体内の鉄分は約70%が血液中の赤血球を作るヘモグロビンの成分になっており

約20%は肝臓などに貯蔵されています。

ヘモグロビンは呼吸で取り組んだ酸素と結びつき、酸素を肺から体のすみずみまで運ぶという重要な働きをしています。

 

・どんな食品に多く含まれている??

鉄分の多い食材としては

レバー、魚、貝、大豆、緑黄色野菜、海藻など、鉄を多く含む食材はたくさんあります!

食品中の鉄の種類には2つあり

肉、魚、レバーなど動物性食品に含まれるヘム鉄

野菜、海藻、大豆など植物性食品に含まれる非ヘム鉄があります。

ミネラル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちの口に入る鉄分は非ヘム鉄の方が多いようです。

しかしヘム鉄の方がはるかに吸収率が高いので摂取する際は気にしてみると良いです!

 

一方非ヘム鉄はビタミンCや動物性たんぱく質と一緒に取ると吸収効率が上がります。

つまり野菜や海藻、大豆と果物、肉、魚を組み合わせると良いという事ですね!

 

 

・摂取しないとどうなる?

不足すると赤血球をつくる材料がないために鉄欠乏性の貧血になる恐れがあります。

貧血になると血液は酸素を十分に運べないので体が酸素不足になり、

頭痛がしたり、すぐ疲れたりといった症状が出てきます。

また、心臓は補うようにフル活用するので動悸や息切れをしやすくなります。

貧血

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という事で血液中に酸素を行き渡らせしっかりと疲労をとりやすい体づくりをしっかりと行いましょう!

 

 

 

 

大船の整体は「中野プロポーション整体院」 PAGETOP