鎌倉市│大船駅から2分「中野プロポーション整体院」

脂質は人が活動するのに必要な栄養源!

 

脂質は炭水化物とともに、人が体を動かす時に必要なエネルギー源です。

 

ホルモンや細胞膜などを作ったり、肌をみずみずしく保つ働きがあります。

1日の消費エネルギーのうち25%は脂質から摂るのが望ましいといわれています。

脂質が不足すると、血管や細胞膜が弱くなったり、肌荒れの原因になることもあります。

揚げ物などの油の他に、肉や魚などにも含まれているので、

いろいろなものから、脂質を摂るようにしましょう。

タンパク質

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コレステロールも大切な脂質です。

健康の敵のようにいわれる「コレステロール」ですが、実は体に必要な脂質でもあります。

細胞膜を作ったり、

性ホルモン(男・女性らしさを作る)、

副腎皮質ホルモン(炎症の制御や、体内の水分代謝の調節をする)

脂肪の消化に必要な胆汁酸、カルシウムの吸収をよくするビタミンDなどの材料になります。

毎日1000〜1500mgぐらいは肝臓や腸で作られており、

普通1日3回の食事からも300〜500mgくらい摂っていることが多いです。

強化された筋肉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脂肪も、いざという時のエネルギー倉庫です。

人の体は余ったカロリーを脂肪として蓄えるという、代謝システムを備えています。

炭水化物は毎日の生活の中でどんどん消費され、

たんぱく質は体を作るために、その多くが使用されていますが、

脂肪は体のエネルギー源が、不足状態になったときに威力を発揮します。

ですからある程度の脂肪を蓄えることは大切なのです。

脂肪を燃焼した時に出るエネルギーは、炭水化物やたんぱく質の

2倍もの力を発揮するとも言われています。

 

やはり、食事はバランスよく適量摂取が大切ですね。

大船の整体は「中野プロポーション整体院」 PAGETOP