鎌倉市│大船駅から2分「中野プロポーション整体院」

ミネラル不足は気をつけましょう!!

普段食事をする中でも特に不足しがちな栄養素。
それはミネラルです!!
今回は、なぜ不足してしまうのか、不足するとどうなるかなどをお伝えいたします。

ミネラル(無機質)とは?

たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミンと並び、5大栄養素のひとつであるミネラルのなかで
代表的なのがカルシウム、鉄、ナトリウム、マグネシウム、亜鉛です。
(他にはリン、イオウ、塩素、カリウム、クロム、マンガンetc..などがあります)

体内では生成できないので、食事などで摂取をしていく必要があります。

人の体を元素にまで分解してみると、炭素・水素・酸素・窒素の4つで全体の約96%ができています「ミネラル」とは、この残りの4%にあたる元素の総称です。
なので、体にとっても重要な栄養素です。

ミネラル

 

 

 

 

 

 

 

 

ミネラルの働き

重要な栄養素でもあるミネラルが不足してしまうと、様々な病気のもとになってしまったり、
症状が出てきます。
各種、代表的なミネラルの働きと不足した際の病気や症状をお伝えします。

カルシウム
主な働き:骨や歯の原料、神経興奮性と筋肉の興奮性の抑制、心筋をはじめとする筋肉の収縮と伸張
     体液のアルカリ性の保持
不足した場合:骨密度低下により骨粗鬆症になりやすい、内出血を起こしやすい、発育不全


主な働き:赤血球の材料、筋肉などの臓器でエネルギー代謝に関与

不足した場合:貧血、運動能力や免疫機能の低下

貧血

 

 

 

 

 

 

 

マグネシウム

主な働き:骨形成を助ける、多様な酵素の補酵素となる、体液の平衡維持

不足した場合:循環器疾患、筋肉の緊張低下、筋肉の痙攣、刺激に対する過剰反応

亜鉛
主な働き:酵素の構成成分となる、代謝調節に関与

不足した場合:免疫機能や食欲の低下、成長の遅れ、味覚障害

ナトリウム
主な働き:体液浸透圧の維持、神経の刺激伝達、食欲の増進、筋肉の収縮、栄養素の吸収・輸送、
     水分を保持しながら細胞外液量や循環血液の量を維持し、血圧を調節

不足した場合:血圧低下や吐き気、頭痛、目眩、疲労感(通常の食生活であれば欠乏することはあまりな      いが、多量の発汗、激しい下痢の場合には欠乏する)

過剰摂取した場合:むくみ、高血圧や脳卒中などの生活習慣病への原因になる

ナトリウムの場合は、不足することがあまりないので、過剰摂取に気をつけましょう!

ミネラル補給はいかに吸収させるかがポイント!!

ミネラルは体に吸収されにくい為、食事に気を使っていても不足してしまいがちなのです。
ミネラルの中でも一番不足しやすいのは『カルシウム』です。
カルシウムの場合、吸収率は牛乳で約50%、小魚で約30%、ほうれん草ではたったの10%となっています。
欧米人が主に牛乳・乳製品からカルシウムを取っているのに対し、
日本人は小魚や野菜、海藻からカルシウムをとているため不足しやすいのです。
なのでオススメは牛乳です♪
牛乳サプリメント

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは、食事での摂取が難しい場合は市販されているサプリメントでも良いです!

なぜかというとサプリメントのなかには、あらかじめ数種類のミネラルがバランスよく入っているものや、ミネラルの吸収率をアップするものを加えたものが市販されているので簡単に補給ができますが
その分、取りすぎに注意してください!!

 

 

 

大船の整体は「中野プロポーション整体院」 PAGETOP